会陰切開について(切る?切らない?)

会陰切開について(切る?切らない?)

会陰切開について(切る?切らない?)

 

女性の出産希望についてヒアリングすると
No.1は
「自然に産みたい!」で、
No.2が
「会陰切開はしたくない」!

 

なのが最近のお決まりだそうです。

 

会陰というのは、膣と肛門の中間を指します。
この中間部の会陰を1〜2センチ、出産時に切るのが「会陰切開」です。

 

なぜ会陰を切開するかといいますと、赤ちゃんを取り出しやすくするため・・・という説明がありますが、
一番大きいのは、出産時に会陰が裂けないようにするためです。

 

勿論、切らないのが一番良いのですが、そこは
・赤ちゃんの大きさ、
・出てくる赤ちゃんの体制
・取り上げる人の技術
・妊婦のいきみ方・・・
などなどさまざまな要因が絡まり、絶対に切らない!というのはなかなか難しいようです。

 

会陰を切らないリスクとは!?

要するに会陰が裂けることがリスクなわけですが、最悪のリスクは、
ズタズタに裂けて傷穴が肛門に達してしまうことがあるわけです。

 

そうなると、膣と直腸の間に「漏穴」ができてしまい、大便が膣の方からも出てきてしまう・・・というとんでもない事態もあり得るのです。

 

出産時に赤ちゃんを取り上げる際には、こうしたズタズタに裂けるリスク(!)をいかに避けるか・・・というのがとても大切になってくるのです。

 

もちろんなるべくなら切らない方がいいのですが、そこは小さな穴から赤ちゃんが出てくるのだから仕方がない・・・とあきらめてしまえばそこまでですが、何とかならないものでしょうか?

 

会陰を切らないで済ます

 

その鍵を握っているのは実は尾骨なのだそうです。
出産の際に、尾骨関節がグイっと開いて膣口が大きく開けば、スルッと赤ちゃんが出てくるわけです。

 

では尾骨間接を大きく開かすためには???
仰向けでも横向きでも、とにかく骨盤の出口が上を向くような姿勢が良い
そうです。

 

まだこういう視点で赤ちゃんを取り上げている助産婦は多くないそうですが、
会陰切開リスクを少しでも減らせる可能性があるのなら
ぜひ、「骨盤の出口が上を向くような姿勢」について助産婦や医師に聞いてみてはいかがでしょうか。

 

帝王切開や会陰切開でできた傷のケア

 

あぐら

 

基本的によっぽど医師から支持が無い限り、特別なケアは必要ありません。
縫合した部分はとにかく清潔に!これで十分です。

 

産後数日間は痛みも強く、傷が引き連れたりして違和感を感じる方も多いと思います。
痛みがキツイ場合は、鎮痛剤が処方されるので、医師に相談してみてください。

 

円座よりあぐら!?

 

よく円座を進められて円座を使用するママさんも多いと思います。

 

会陰切開について(切る?切らない?)

 

しかし、円座は傷には当たらないので良いのですが、股の部分が浮くので、お産で傷ついた骨盤底筋群全体の回復にはあまりよくないのです。

 

実は円座よりもあぐらの方が理想的といわれてます。
自然にあぐらをかいて赤ちゃんを抱き座る。
これが最も母体にもやさしい座り方なんですね。

 

産後のトイレは和式がおススメ!?

 

会陰切開について(切る?切らない?)

かなり以外に思われる方も多いと思いますが産後の母体には、洋式ではなく和式のトイレがおススメなのです。

 

コシを落とした姿勢で股関節より膝の方が高くなるので、強くいきまなくてもスムーズに「出ます」。これがいいのです。

 

洋式ですとどうしても骨盤底筋群全体に負担がかかります。和式の方が踏ん張りが利くので「痔」にもなりにくい(!)のだとか。

 

もちろんいまどき和式のトイレなど少ないでしょうから、そんなの理想論!といわれてしまえばそこまでではあります。
でも、できるだけ、「しゃがむ」、「踏ん張りの利く」姿勢にしてみると、それだけ、会陰部、肛門、骨盤底筋群全体への負担を減らすことができます。

 

産後の体をいたわるためにも、「しゃがむ」「踏ん張りを利かせる」意識してみてください。