ツナ缶は胎児にリスク?妊娠中にNG!な食べもの

ツナ缶は胎児にリスク?妊娠中にNG!な食べもの

tamebono

 

妊娠中にNG!と言われている食べものがあります。

 

なぜ妊娠中だとNGなのかというと、
基本的には、食物汚染や菌等による胎児への懸念からです。

 

妊娠中だからといって急にママがこれらの影響を受けやすくなるわけではありません。

 

生卵・生魚は食べるのはNG??

 

tabemono

 

よく生卵、生魚は妊婦にはNGと言われています。
では何が危険なのでしょうか?

 

生卵の殻には、「サルモネラ菌」が付着している可能性があります。

 

サルモネラ菌によって食中毒を起こすと、下痢や吐き気、嘔吐といったウイルス性胃腸炎の症状を引き起こします。

 

・・・といわれると、なんだか恐ろしいような気がしますよね。

 

しかし、これまで生卵にあたったことがあるという方は少ないのではないでしょうか?

 

よっぽど古い卵だったり、不衛生な環境でもない限り今の日本では考えにくいと思います。

 

生魚も同じです。

 

生魚にも大腸菌が付着している可能性はありますが、
よっぽど古い魚だったり、不衛生な環境でもない限り、あまり今の日本国内で心配する必要は薄いです。
通常の新鮮な刺身で問題が発生するというのは考えづらいです。

 

また、サルモネラ菌にせよ、大腸菌にせよ、妊娠中だから影響を受けやすくなるわけではなく、
通常は、胎児に直接影響を与えるものではありません

 

これらの懸念される点は、万が一、感染して、胃腸炎を発症した場合、妊婦の腸が激しく収縮して流産の可能性が増すという点だけです。

 

そもそも非常に低い可能性ですので、
生卵、生魚に関して重要なことは

 

「新鮮かどうか?」
「新鮮でなければ火を通す」

 

この2点だけなのです。

 

妊娠していなくてもアタリマエのお話ですよね。

 

あまり、生卵や魚に関しては神経質になり過ぎない方がよいと思います。

 

魚の種類〜ママの水銀と赤ちゃんのIQの関係値〜

さて、魚の問題は、むしろその「種類」にあります。

 

たとえばツナ缶は妊婦にはNGと言われていますが、それは何故なのでしょうか?

 

魚の問題は、身に含有される「水銀」が問題視されています。

 

「水銀」は猛毒です。

 

人間にとっては神経障害を引き起こし、
胎児や子供などは脳の発達障害を引き起こします。
かつての公害の「水俣病」などを調べると、いかに水銀が人間にとって猛毒か理解いただけると思います。

 

さて、
海水の中にはごくごく微量に水銀が含まれています。
小さな魚は、海水から水銀を摂取するので体内水銀量はわずかですが、
これら小さな魚を食べる大きな魚は、体内でこの水銀が濃縮されていきます。

 

食物連鎖の上位に来る大きな魚ほど、
身に高濃度の「水銀」を溜め込んでいるのです。

 

また、大きな魚の方が寿命が長く、
その間だけ、たっぷりと蓄積されてしまいます。

 

たとえば、海の食物連鎖のほぼ頂点にいる「マグロ」の身には
どうしても水銀の濃度が高くなってしまう傾向にあります。

 

ですのでツナ缶がダメ!と言われるわけですね。

 

とはいえ、これらの水銀も、大人にとって害になるほどの毒性はまずありません。

 

しかし、胎児(の脳)にとってはわずかな水銀が重大な影響を及ぼします。

 

アメリカでは妊婦の血液中の「水銀」と生まれてくる「赤ちゃん」の知能に与える影響を調査しています。

 

水銀の胎児への影響〜ハーバード大学の研究〜

 

ハーバード大学の研究によると、
「水銀値が1グラムあたり1マイクログラム増えると赤ちゃんのIQが0.7ポイント低下する」
ことが明らかになっています。

 

「なにそれ!?
じゃあ、頭のいい赤ちゃんを産もうと思ったら魚は食べちゃいけないの!?」

 

そう思われた方、
実はそういうわけでもないのです。

 

というのも、
魚には水銀と同時に、「DHA=オメガ3脂肪酸」という、きわめて胎児の脳の発達に良い影響を与える栄養素が豊富に含まれているからです。

 

同じくハーバード大学の研究では、
妊婦が1日のDHAの摂取量を1グラム(魚1匹分)増やすことで、
赤ちゃんのIQが平均1.3ポイント増加したそうです。

 

「魚は食べた方がいいの?食べない方がいいの?どっちなのさ!?」

 

だんだん混乱してきそうですね。

 

結論としては、

 

DHAを多く含む魚は胎児の脳の発達に良い影響。
しかし、水銀汚染が心配なので、水銀汚染量の少ない魚を選んで食べましょう。

 

・・・ということになります。

 

水銀が少なくてDHAが豊富な魚はコレ!

 

世の中には様々な魚がありますが、
おなかの赤ちゃんの脳の発達のために
食べた方がよい魚TOP3を発表します。

 

それでは第3位から発表です。

 

さて、水銀が少なくてDHAが豊富な魚の3位!

 

第3位 サバ

tabemono

 

サバ!
青魚の代名詞。

 

豊富なDHA量で、第三位となりました。
サバはDHAはトップクラスに豊富なのですが、残念なことに水銀量も多め。

 

こうした点で第三位となりました。

 

第2位 ニシン・イワシ

tabemono

 

そして第二位は・・・ニシン・イワシが同率タイで二位!

 

豊富なDHAと小さな魚だからこその水銀量の少なさ。
妊娠したから妊婦の免疫力がいきなり下がるわけでもなく、
毎日、ニシン・イワシを食べればとても賢い赤ちゃんが生まれそうです。

 

そして・・・
栄えある一位は???

 

第一位 サケ

tabemono

 

意外に思われた方も多いかもしれませんが、
第一位はサケ!

 

川と海を回遊する回遊魚だからか?

 

豊富なDHAの割りに水銀含有量が少なく、
お腹の赤ちゃんのために食べるべき魚のトップとなりました。

 

いかがでしたでしょうか。

 

やはり、昔から日本の食卓に上ることも多い、サバ、イワシ、サケなどがとてもお腹の赤ちゃんの脳の発達には良い影響があるのですね。
ぜひ、妊娠中は和食とこれらの魚を多めに食べることを意識されてみてはいかがでしょうか。