出産予定日の6週間前から産前産後休業を取得できます

出産予定日の6週間前から産前産後休業を取得できます

産休は産前6週間、産後8週間取ることができます

 

産休は労働基準法で定められた働く女性の「権利」です。申請すれば取得することが可能です。産休は「産前休業」と「産後休業」に分けられます。

 

この両者のうち、「産前休業」は女性が請求した場合のみ、出産予定日から起算して遡り6週間(42日間)、多胎の場合は14週間(98日間)取得することができます。

 

産前休業はあくまで本人の希望次第!

産前休業は、本人から請求があれば、雇用主は休業させなければならないことが法律上定められています。
ですが、「事前の休業の請求がなければ雇用主は就業させてもかまわない」ことになっております。

 

つまり、「申請をしなければ希望して働いている」ということになってしまうのです。
無理は禁物!事前の申請が大事です!

 

産後休業・・・産後6週間の就業は法律で禁止

産後休業は8週間取得することが可能ですが、そもそも産後6週間は法律で就業が禁止されています。
また、産後8週間の起点となるのは分娩日の翌日となります。分娩日の翌日から数えて8週間産後休業を取得できます。

 

まとめ

 

■産前休業
出産予定日を1日目として数え、そこから42日目が産前休業開始日となります。

 

■産後休業
出産予定日の翌日を一日目として数え、そこから56日目が産休最終日となります。

 

ちなみに出産予定日よりも出産が早まればその分産前休業日は短くなります。特に延長されたりはしません。では出産が遅れた場合は?出産の遅れた日数分だけ産前休業に加えられます。
例えば、3日予定より出産が遅れた場合、産前休業は45日となります。産後休業はそのまま56日とれます。

 

予定日より早くなれば損ですが、予定日より遅れる分にはおトクになるんですね。