出産費用はホントにいくらかかる???

出産費用はホントにいくらかかる?

出産費用はホントにいくらかかる???〜出産費用と出産育児一時金〜

 

妊娠出産費用は、だいたい分娩費用で50万円!

 

その他、検診費用やら、マタニティグッズやら里帰り費用やら・・・と合わせると
70万円オーバー!

 

こうしてみると、お金がないとホントに辛いですね。

 

もう少し細かく「出産にかかわる費用」を見ていきましょう。

 

まずは何はともあれ健診費用

 

妊娠しているのでは!?となったらまずかかるのが検診です。
健診にも当然お金がかかります。
病院によってもバラつきはありますが・・・、全国平均すると5,000円前後が多いようです。
そのほかの検査も加わると1万円かかることもあるようです。

 

定期健診の目安

妊娠満23週まで 4週間に1回
妊娠満24〜25週まで 2週間に1回
妊娠満36週〜出産 1週間に1回

 

そして、妊娠は病気ではありませんから、保険がききません

 

「健診って保険きかないんだ〜〜〜!?」

 

人生初めての最初の健診で驚くママも少なくはないよう・・・です。

 

「妊娠って命にかかわるものじゃない?
なんで保険きかないの!?」

 

気持ちは分かりますが、そういうルールなので仕方ないです。
でも、現在、健診や検査料を補助してくれる自治体は多いです。

 

自治体で母子手帳を入手すると、健診の補助券などがついてきます。
妊娠したら何はともあれ母子手帳を入手しましょう。

 

出産費用はホントにいくらかかる???〜出産費用と出産育児一時金〜

 

例。東京江東区の場合。健診補助14回。

 

「妊娠 健診 母子手帳」などのキーワードに「お住まいの自治体名」を加えて検索すると引っかかると思います。

 

自治体の中には健診の補助以外に、第三子出産以降に10万円お祝い金・・・などという自治体もあります。

 

まずは自治体にお問い合わせ・・・ですね。

 

出産一時金42万円がママを救う!

 

さて、そんなママたちの経済負担を減らすために国が用意している制度が

 

「出産育児一時金=42万円」です。

 

健康保険、国民健康保険に加入している方で、妊娠4ヶ月(85日)を過ぎていれば、
誰でも貰える制度です。

 

ただし申請が必要となりますので、ご注意を。

 

この42万円は、生まれる赤ちゃんの人数分もらえます。
たとえば双子であれば42万円×2で84万円ですね。

 

いずれにせよ申請しないといけませんので、産院にもきちんと確認して用紙に記入してもらい、各保険組合等へ申請しましょう。

 

ところで申請ってどこにするの?

 

出産一時金の申請先は、ママの属性によって変わります。

 

「会社員・公務員の場合」 ⇒ 加入している健康保険・共済組合。

 

「出産で退職した場合」 ⇒ 退職から6ヶ月以内であれば、加入している健康保険・共済組合。

 

「自営業・自由業の場合」 ⇒ 国民健康保険

 

「専業主婦・パート・アルバイト」 ⇒ パパが加入している健康保険・共済組合。

 

 

出産一時金の利用の仕方は大きくは二通りあります。

 

健康保険・共済組合から直接、病院に支払ってもらう

出産費用はホントにいくらかかる???〜出産費用と出産育児一時金〜

 

この方法においては、「直接支払制度」か「受取代理制度」を選ぶ・・・というような解説もありますが、
ママからしたら違いはありません。書類と制度が若干違うだけ。

 

強いて言うなら、受け取り代理制度の方がやや面倒なだけです。

 

基本的には病院の方で提示された書類にサインするだけOKです。

 

じゃあ何が違うのよ!
・・・というママさんのため一応解説しておくと、、、、

 

「直接支払制度」だと、病院が2ヶ月で42万円を受け取れる。
「受取代理制度」だと、病院が1ヶ月で42万円を受け取れる。

 

そう!
「国と病院間の支払いまでの期間の違い」というだけです。

 

まったくママさんが気にすることではありません。

 

いずれにせよ
42万円分が国から病院に支払われ、もし余るようであれば、その分は「お釣り」として
指定した口座に振り込んでもらえます。

 

産後、全額を自分で支払い、後から支払う

出産費用はホントにいくらかかる???〜出産費用と出産育児一時金〜

産院で提示される直接支払制度に関する文書は「利用しない」にチェックを入れるとこちらになります。

 

そうすると、お産後、退院の際に全額を自分で支払い、後から、国から42万円をご自分の口座に振り込んでもらうという格好になります。

 

どんなメリットが???
一旦、自分で全額負担するので、けっこうツライわけですが、この制度を使うママさんも、一定層存在します。

 

どんなメリットが?というと、実は、最近クレジットカードで費用を支払うことができる産院が増えております。
クレジットカードは利用料金に応じてポイントや様々な還元のメリットがあります。

 

それを期待して、クレジットカードで支払い、後から42万円を自分の口座に振り込んでもらおう・・・というのが
後払いのメリットです。

 

もちろん与信枠がお産の金額以上あるクレジットカードでないと無理ですが・・・。

 

まとめ つまり、42万円以下なら実質出産費用はタダ!

 

まとめてしまうと、身も蓋もありませんが、
出産費用は42万円以下であれば、すべて出産育児一時金で賄えてしまうのでタダとなります。

 

ほんとに見もふたもないですが・・・。

 

では、出産費用が42万円以下になる病院は・・・?というと、、、

 

ズバリ
東京では、
東京都立病院グループ!

 

都立墨東病院
都立広尾病院

 

都立大塚病院・・・など!

 

横浜では
横浜私立大学付属市民総合医療センター
横浜市立市民病院

 

など!

 

圧倒的に出産費用が安く、出産育児一時金でオツリが来た!という口コミが多いのがこの都立病院です。

 

豪華さや華美さ、思い出に残るような部分は個人の産院と比べて少ないかもしれませんが
リーズナブル(かつ安心!)な出産を心がけたいママさんはぜひ、都立病院を検討してはいかがでしょうか!