出産予定日の42日前まで働いて「出産手当金」を貰おう

出産予定日の42日前まで働いて「出産手当金」を貰おう

ママには産休中の生活をサポートするために「出産手当金」が支給されます。

 

<働くママ

 

産休中は通常、給料が出ませんよね。しかしそれでは生活が苦しくなるのは当然です。
勤め先の健康保険から支給されるのが出産手当金です。

 

支給額は、一日につき2/3と紹介されていますが、給料の65%となります。
(ただし、国民健康保険に加入の場合は原則もらえません。また、産休中に給料が2/3以上出る場合は貰えません。)

 

支給される期間は、

 

●産前休業42日
●産後休業56日

 

合計で98日(多胎の場合は154日)が基準となります。

 

つまり、

 

日給×2/3×日数(98)もらえる金額

 

となります。

 

たとえば
日給(諸手当込み)が12,000円だとすると、2/3の8,000円が基準となります。

 

8,000円×98日で、784,000円が「出産手当金」としてもらえるということになりますね。

 

もらえるタイミングはいつ?

出産手当金は、産後休業が終了してから申請します(産後57日目以降になります)。
事前にはもらえません

 

申請してからだいたい1〜2ヶ月というのは通常のようです。

 

詳細はお勤め先の人事や総務に確認してみてください。

 

出産日によってもらえる金額は変わる

「出産手当金」の基本的な考え方としては「産前・産後休業」の、休業中の給料を補償しようというのが趣旨です。
つまり、休まず働いた分の日数に関しては、普通に給与が支払われ、出産手当金は支払われません。

 

たとえば、産後休業を短くして、一週間早く職場に復帰した、つまり、
産後休業期間は56日ではなく、49日にしたとしましょう。

 

そうすると、出産手当金の基準日数は、
産前休業42日、産後休業49日で、合計91日分が出産手当金の支払い対象となります。

 

あくまで「休業」した日数分だけしかもらえない・・・という点にご注意ください。

 

早産と出産手当金

では、早産の場合どうなるのでしょうか。

 

たとえば、産前休業を42日申請していたのに、産前休業10日目で出産、その後、産後休業は基準どおり56日取得した・・・というケースです。

 

この場合は、
10日+56日で66日分が出産手当金の支払い対象となります。

 

逆に、42日申請したのに、3日予定より出産が遅れてしまった場合はどうなるでしょうか?
この場合は、
45+56日で101日分が出産手当金の支払い対象となります。
繰り返しますが、あくまで、出産にかかわる休業の日数だけが対象となるのですね。