くすりを飲んだら母乳は中止??

くすりを飲んだら母乳は中止???

くすりを飲んだら母乳は中止??

母乳中のくすり。

 

赤ちゃんに影響が出たらどうしよう・・・。

 

そう悩むママさんは多いです。

 

さて、実際「くすり」と「母乳」の影響はどうなのでしょう???

 

くすりの母乳への影響は基本的にはわずか

 

ママが飲んだ薬の成分量の中で母乳への影響は1%程度といわれています。

 

また、赤ちゃんに有害な薬は「ごくわずか」なので、その有害なケースだけ気をつければほとんど大丈夫と言われています。

 

厚労省のHPでは、以下のように「母乳とくすりと赤ちゃん」について以下のように書かれています。

 

お薬を飲んでいるお母さんが必ずしも母乳をあげることをあきらめなくてはいけないわけではありません。
また、母乳をあげるために必ずしも、お薬をやめる必要はありません。
個々の置くすりについての十分な情報をもとに、主治医の先生と相談しながら決めていくことが大切です。

 

授乳中に薬を飲む場合は・・・

市販薬は避ける方が安全です。
というのは、市販薬には、いろいろな成分が入っているものが多いので、不要な成分まで摂取する可能性があります。
かならず「授乳中」であることを医師に伝えた上で医師の診察を受け、「ママの治療に必要な薬」だけを処方してもらう方が安全です。

 

また、薬を飲むタイミングとしては授乳後の方がより安全ですね。

 

薬を飲むんだったらそもそもミルクの方が良いのでは???

確かにミルクなら薬による影響はそもそもありません。
安全です。

 

しかし、母乳で育てた赤ちゃんは、お母さんのお乳に含まれる免疫因子が赤ちゃんに伝わり、さまざまな病気に強い赤ちゃんに育つことが統計的に分かっています。

 

できるだけ母乳を上げた方が、将来的には赤ちゃんのためなのです。